核攻撃

【おそロシア】プーチン大統領、核準備へ

1: ダイビングヘッドバット(北海道)@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 06:38:14.70 ID:0/1qDK3y0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
【モスクワ田中洋之】ロシアのプーチン大統領は15日に国営テレビで放送された番組で、
1年前にウクライナ南部クリミアを一方的に編入した際、核兵器の使用を準備していたことを明らかにした。
ウクライナを支援する北大西洋条約機構(NATO)との全面対決という事態に備えたという。
一連のウクライナ危機でロシアの強硬姿勢が明らかとなったことで、欧米が反発し、ロシアとの対立がより先鋭化するのは必至だ。

 番組は18日でクリミア編入を宣言してから1年となるのに合わせて制作された。
プーチン氏は、クリミア編入を国際法違反と批判する欧米がどう反応するか予測できず、
「軍にしかるべき策を講じるよう命じた」と説明。核兵器の準備に関して
「我々は強引にやるつもりはなく、そうせざるをえなかった」と述べた。

 また大統領は「クリミアは歴史的にロシアの領土であり、ロシア系住民が住んでいる。
我々は彼らを見捨てることができない」と軍に指示したと表明。
ウクライナで昨年2月に親露派のヤヌコビッチ前政権が崩壊し、親欧米派が実権を握ったことを受け、
クリミア編入はロシア系住民を保護する措置だったとの見解を繰り返した。

 ロシアは昨年12月に4年ぶりに改定された軍事ドクトリンで
「ロシアと同盟国に対する核兵器や大量破壊兵器の使用、通常兵器によるロシアへの
侵略で国家が存続の危機に立たされた場合の対抗手段として核兵器を使用する権利を持つ」と定めていた。

http://mainichi.jp/select/news/20150316k0000m030101000c.html

核準備を明かしたプーチン大統領
no title

引用元: ・【おそロシア】プーチン大統領、核準備へ

続きを読む

【宇宙】 「火星の文明は宇宙人の核攻撃で滅亡した、次のターゲットは地球」米・物理学者が発表 [Infoseek]

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/12/06(土) 07:24:22.47 ID:???0.net
 tocana(2014年12月5日14時00分)

 11月に行われた米国物理学会秋季年次総会にて衝撃的な発表があった、と英「Daily Star」紙が伝え
た。その内容とは「火星の古代文明は宇宙からの核攻撃によって滅亡し、このままだと次のターゲット
は地球である」というものである。そしてその核攻撃の痕跡は現在でも確認することができるという。米
国物理学会は世界中に4万人のメンバーが所属している非常に有名な物理学会であり、そこで発表さ
れたこの内容に世界中が注目している。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2014/12/post_5319.html

■プラズマ物理学者が火星に残る核攻撃の証拠を発見!

 衝撃的な発表をしたのは『沈黙の惑星―火星の死と地球の明日(原題:DEAD MARS,DYING EARTH)』
の著者でもあるプラズマ理論物理学者のジョン・ブランデンバーグ博士である。博士はテレビのニュース
で「火星の表面はウラン、トリウム、放射性カリウムなどの放射性物質の層で覆われており、これは核爆
発により岩石などの破片や堆積物が広がったためである」と語ったが、これは火星探査機マーズ・オデ
ッセイで観測されたものをブランデンバーグ博士が分析したことによる見解だ。

 2011年の段階では火星の熱核爆発は自然現象によるものと考えられていたが、その後の研究によっ
てブランデンバーグ博士は"この熱核爆発は非常に高い知能をもった宇宙人によって引き起こされた計
画的な攻撃であった"という考えを示した。博士はこの自説をもとに「火星の大気中にある多量の核同
位元素は水爆実験のものと大変酷似しており、これは宇宙からの核攻撃によって文明が消滅したとい
う例証になる」と結論づけた。

■不毛の地・火星にも古代文明が存在した?

 毎度おなじみUFO研究家のスコット・ウェアリング氏は自身のサイトで火星が宇宙からの核攻撃によっ
て滅んだ場所は奇遇にも「海」の近くであったことを指摘している。

 ブランデンバーグ博士も、かつて火星には海があり、地球と似た気候の惑星であったと主張している。
人々の生活を支え、様々な命を生み出す海があったからこそ動植物が健やかに育ち、古代エジプトの
ような文明が発達していった、と考えている。

 現在でも火星はシドニア地区、ユートピア地区、エリシウム高地に分けられ火星探査機で調査を進め
ているが、シドニアとユートピアの両区には明らかに文明があったと思われる構造物を確認することが
できるという。かの有名な「火星の人面岩」は宇宙からの核攻撃により滅んでしまったシドニア文明の痕
跡である、とブランデンバーグ博士は主張する。

次へ

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:Infoseek ニュース http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_36104

続きを読む

【宇宙】「火星文明はエイリアンの核攻撃によって滅んだ」プラズマ物理学者が証拠を発見、次の攻撃目標は地球か

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 00:45:26.27 ID:???0.net
火星文明はエイリアンの核攻撃によって滅んだことを裏付ける証拠が発見されたとのこと。
この説を唱えているプラズマ物理学者のジョン・ブランデンブルク博士が、今週末
イリノイ州で開かれる米国物理学会の秋季年次総会で発表を行なうことになっています。

ブランデンブルク博士の説によると、古代火星人であるシドニア人とユートピア人は、
異星人の核攻撃によって虐殺され、その痕跡は今も火星に残っているといいます。

(2011年、フォックスニュースでのブランデンブルク博士の発言)
「火星の表面はウラン、トリウム、放射性カリウムなどの放射性物質の層で薄く覆われています。
そしてこの放射性物質のパターンは、火星上の1つのホットスポットから放射状に広がっているのです」
「核爆発によって火星全土にデブリが降下した可能性があります」

2011年の時点では、この熱核爆発は自然現象であると考えられていました。
しかし、その後の研究の進展で、高い知能を持った異星人による計画的な爆撃であったことが
明らかになってきました。博士の最新の論文では、火星の大気中の核同位元素は水爆実験によるものに
類似しており、宇宙からの核攻撃で消滅した文明があったことを示しているとの結論が出されています。

この研究は、火星探査機マーズ・オデッセイによって観測された火星大気中での高濃度のキセノン129
および地表でのウラン、トリウムに関するもの。
これらを分析した結果、火星表面における2つの核爆発の痕跡であると結論づけています。

かつての火星は地球に似た気候で、動植物が生息し、
地球のエジプト文明のように発達した知的生命体がいたと博士は言います。
有名な「火星の人面岩」があるシドニアなどは、その文明の痕跡であるとのこと。

また、広い宇宙には多くの地球外文明が存在する可能性が高いにも関わらず、これまで地球人が
そうした異星人と接触した形跡がないのはなぜか…「フェルミのパラドックス」と呼ばれるこの問題の答えも、
火星文明が核攻撃で滅ぼされたことから説明がつくのではないか、とブランデンブルク博士は考えています。

no title

no title

http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1978

続きを読む
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
逆アクセスランキング
動画配信なら無料サンプルも豊富なMGS!
i2i
リンク集
アクセスランキング
  • ライブドアブログ