フジテレビ

フジテレビ、ついにゴールデン帯の視聴率3%の歴史的異常事態 TVよなぜ死んだ

1: マシンガンチョップ(庭)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 12:51:57.79 ID:6LFZgr5P0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150828-00010008-bjournal-ent

フジテレビが、歴史的な低視聴率を記録してしまった。

 8月25日(火曜)、フジはゴールデン帯で平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)、プライム帯で3.5%と大低迷。
19時からのプロ野球ナイター中継『東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ』が3.7%、
21時からの『発見!ウワサの食卓』が3.4%、22時からの連続ドラマ『HEAT』が3.3%と4時間に渡って3%台を叩き出してしまい、全日視聴率の4.9%を下回ったのだ。テレビ局関係者が話す。

「もっとも視聴率の上がるゴールデン帯が、早朝や深夜も含まれる全日帯よりも低いとは衝撃的です。異例中の異例ですよ。あまりにゴールデン帯が低すぎる。3%は早朝や深夜の数字です」

 要因のひとつに、近年視聴率の取れなくなっているナイター中継を放送したことが挙げられる。

「通常番組が高視聴率の日本テレビのナイター中継は、おおむね7~8%は取れます。他番組の数字が高いので、下げ幅も抑えられる。
しかしフジの場合、多くの番組が普段から視聴率が低いので、今回のような結果になってしまったのです」(同)

 25日、フジの野球の裏番組の数字を見てみると、『世界陸上北京』(TBS系)は16.2%(20時~22時4分)、『グッときた名場面 ベスト77』(日本テレビ)は14%(19時00分~22時54分)を獲得。フジの低迷に乗じた格好となった。

「フジの火曜19時~21時は、先週(18日)は『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』で6.4%、先々週(11日)は『ペケポンプラス』で7.9%と倍以上稼いでいた。
その影響もあり、21時台の『発見!ウワサの食卓』も6%(18日)、4.8%(11日)と底辺からは脱したように見えました。それがナイター中継の余波もあり、3%台に落ちてしまったのです」(別のテレビ局関係者)

引用元: ・フジテレビ、ついにゴールデン帯の視聴率3%の歴史的異常事態 TVよなぜ死んだ

続きを読む

平均視聴率5%台…フジテレビ危険水域、ついにタレント離れ&逃避か 大改編も大コケ

1: ツームストンパイルドライバー(東日本)@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 12:45:13.71 ID:FNaTHWY60.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
フジテレビが壊滅的な平均視聴率を記録している。以下が、ゴールデンウィーク突入前のゴールデン帯の数字だ(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

・4月24日(金):『世界HOTジャーナル』(4.3%)、『ダウンタウンなう』(6.0%)
・同25日(土):『おーい! ひろいき村』(6.6%)、『めちゃ×2イケてるッ!』(7.9%)
・同26日(日):『クイズ!それマジ!?ニッポン』(6.2%)、『ニュースな晩餐会』(4%)

この3日間だけを見ると、19~20時台の平均視聴率が5.8%という惨敗。4月26日21時台の
『オモクリ監督』も4%しか取れなかった。必勝を期したはずの4月改編は完全に裏目に出ており、
存続させた番組も数字が伸びない。完全に八方塞がりの状態が続いている。
テレビ局関係者が話す。

「どの番組も中途半端というか、新しいことへのチャレンジ精神が感じられません。たしかに一時期、
『世界』をテーマにした番組が受けていましたが、もうそのブームは去りつつある。そこに、
『世界HOTジャーナル』を持ってきても苦戦するのは当然です。『ダウンタウンなう』にしても
『ひろいき村』にしても、ビッグネームのタレントに頼る番組づくりになっています。『ひろいき村』は
有吉弘行と加藤綾子アナという人気者を持ってきてこの数字ですから、いかに内容が
陳腐になっているかという証明でしょう。『ひろいき村』が6%前後しか出せないとなると、
後続番組である『めちゃイケ』への影響はモロに出ますよ。前の時間帯に放送される
番組があまりに不調だと、その後に続く人気番組すら潰しかねないのです」

ゴールデン帯の視聴率では、テレビ東京に次ぐ5位が定位置になりつつあるフジテレビ。
暗闇から抜け出す手立てはあるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150511-00010004-bjournal-ent

引用元: ・平均視聴率5%台…フジテレビ危険水域、ついにタレント離れ&逃避か 大改編も大コケ

続きを読む

【勝った】 フジテレビが滅亡

1: クロイツラス(WiMAX)@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 11:13:31.12 ID:5oBaCYse0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00000011-nkgendai-ent

 フジテレビの新番組が“壊滅”危機に陥っている。視聴率低迷はいよいよシャレにならないレベルになってきた。

「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に対抗すべく、安藤優子キャスターを司会に据えて鳴り物入りでスタートした昼の情報番組「直撃LIVEグッディ!」は、
20日の一部時間帯で平均視聴率1.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)に落ち込むなど大苦戦。10%台を維持するミヤネ屋を脅かすどころか、
早期打ち切りを心配する声も上がっている。

 夕方の新情報番組「みんなのニュース」(13日放送分)は、午後4時台が2.3%、5時台は4.2%、終盤の6時台も6.6%と低空飛行。
いいとも後番組「バイキング」も相変わらず低調で、4月15日には2.7%の低視聴率を記録した。

 ゴールデン帯の新番組も1ケタ台が連発だ。森高千里(46)司会の新歌番組「水曜歌謡祭」は初回の2時間スペシャルが7.3%。
深夜枠からゴールデン帯に昇格したバラエティー番組「有吉のニッポン元気プロジェクト おーい!ひろいき村」も、初回の2時間スペシャルは7.7%だった。
新バラエティー番組「発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!」も初回4.0%である。

 ジャニーズ「嵐」相葉雅紀(32)主演の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」も危ない。15分間拡大した初回こそ13.0%とまずまずだったが、
2回目は11.4%に下落。フジ月9からテレ朝“木10”にくら替えしたキムタク主演「アイムホーム」が初回16.7%をマークしたのとは対照的で、
1ケタ転落も心配されている。

 水曜午後10時のドラマ「心がポキッとね」も初回こそ10.4%だったが、2回目は7・5%に落ち込んだ。

引用元: ・【勝った】 フジテレビが滅亡

続きを読む

【フジテレビ】「黒い看護婦」の監督が怒りのクレジット拒否 スタッフ「俺も」「私も」 フジ「」

1: ファイナルカット(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 22:59:30.78 ID:YEzYGI9t0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nacchi_face.gif
フジテレビ「黒い看護婦」で有名監督がクレジット拒否!
週刊文春 2月18日(水)21時1分配信

2月13日夜10時からフジテレビ系列で放送されたドラマ「黒い看護婦」(主演・大竹しのぶ)で、
撮影した監督をはじめ制作スタッフがエンドロールなどへのクレジット掲載を拒否するという
異常事態が起きていたことが分かった。

 監督を務めたのは平山秀幸氏。『学校の怪談』の大ヒットで知られ、『愛を乞うひと』、
『OUT』などで国内外数々の受賞歴を持つ日本を代表する映画監督の一人だ。

「このドラマは昨年3月に撮影し、6月には発注どおりの92分間の完パケ(CMなどを考慮し、
途中であらすじなどのダイジェストカットも盛り込んだ「完全パッケージ」の略)で制作会社に
納品されていました。
ところが昨年末になって、フジ側が急に放送時間を変えると言ってきたのです」(ドラマ関係者)
 平山監督は経緯をこう説明する。
「去年の暮れに制作会社から『74分に削って欲しい』と連絡がありました。
『とんでもない!』というのが第一声でした。作り手としては主人公をただのキワモノにはしたくなくて、
人間性を描くさじ加減にこだわって作りましたから。『深夜枠になっても全編を放送して欲しい』と
訴えましたが、『枠は動かせない』と交渉の余地はなかった。それで『縮めるならそちらでやってくれ』と。
ただ、僕の作品ではなくなるから、僕のクレジットは外すように話しました」

 結局、フジ側が74分にカット。制作スタッフからも「監督が自作と認めないものに、自分の名前を入れて
欲しくない」と辞退者が続出し、全員のクレジットを外すことで決着したという。
 フジテレビは週刊文春の取材に「監督始めスタッフの了承を得て、本編をカットする対応をいたしました。
クレジット表記に関しても、監督のお考えを尊重して対応いたしました」と回答した。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-00004847-sbunshun-ent

|・ω・`) 争えw もっと争えwww

続きを読む

【話題】かつてトップを独走したフジテレビが週間平均視聴率でテレビ東京を下回る大惨敗・・なぜここまで落ちぶれてしまったのか?

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/01/10(土) 10:15:32.73 ID:???0.net
かつて視聴率トップを独走したとは思えないほど低迷しているフジテレビが、年末年始にさらに失速。
12月29日~1月4日の週間平均視聴率では、ゴールデン、プライム2部門でテレビ東京を下回る大惨敗を喫した。
さらに1月4日は全日も含めた3部門すべてでテレ東に負けるという屈辱的な結果に…。

なぜここまでフジは落ちぶれてしまったのか。追跡するとダメになった理由はこんなにあった――。 

フジは昨年12月31日午後9~11時、アニメ映画「ワンピース」シリーズの1作品を放送したが、3・3%。
同9時30分~11時30分のテレビ東京「ボクシング3大世界戦」の5・6%など、他局の番組を下回った。

ある放送作家は「特番を作っても勝てないから映画に逃げた、と言われても仕方ない。
大みそかは各局、知恵と体力を最大限に振り絞って特番を作っている。たとえ数字は悪くても何か作ってほしかった」と指摘する。

元日の午後6~9時には「オールハワイナイトフジ」と題し、ハワイから生中継バラエティーを流したが、4・4%でやはり同時間帯最下位。
この番組が今のフジの“ダメダメさ加減”を象徴しているという。

「数字が取れない割にゴールデンの予算は多い。テレ東の3倍くらいでしょうが、その分ムダ遣いが多い。
ハワイには制作に直接かかわってないスタッフも大勢連れて行って無理やり特番を作ってる。トップを独走していたころのバブル体質が抜けきらない」(同)

さらに次なる“ダメポイント”として「パクリの横行」がある。最近はフジに限らず、テレ東の企画をパクる局が多いという。
「予算はない分、テレ東は企画で勝負している。他局もそれは認めている」(他局の民放関係者)

テレ東の看板番組といえば太川陽介(55)と蛭子能収(67)の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が有名だが、
この企画すらフジはあっさりとパクっている。「タカトシ&温水が行く小さな旅」がそれだ。

「最初はタカアンドトシと温水洋一が散歩する内容だったのが、テレ東の『ローカル路線バス』が好調になってから
『タカトシ温水路線バスの旅』が始まった。いくらなんでも節操がなさすぎる」(同)

パクリが多い原因として、上司が責任を取らないフジの体質があるという。

「後輩や制作会社のミスの責任を一切取らない。上が責任を取らないから、若手や制作会社が大コケを恐れて斬新な企画を出せない。
すでにヒットしている企画なら及第点の数字は取れるから、パクリの企画ばかりになる」(制作会社スタッフ)

最近はこんな弊害もあるとか。「実験的な斬新な企画があると、制作会社はまず日本テレビかテレビ朝日に持っていく。
そこでボツになるとフジかTBSに回る。局の勢いの差が出るのも当然ですよ」(同)

さらには、こんなご時世にもかかわらず「学歴至上主義も根深い」とか。

「新人アナウンサー紹介の時に出身大学を言う場合と言わない場合がある。人間性より学歴重視なんですよ。クリエーティブな仕事をする会社とはとても思えないですよね」(前出の放送作家)

フジといえば数年前、「韓流推し」と批判された。「ネットで叩かれているほど、最近は韓国寄りな気はしない。
むしろ嫌韓化している気がするが、BSフジは韓国の旅番組が多い。そっちにシフトしただけかも」(他局関係者)

悪いことは続くもので、一昨年3月にフジで放送された「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」で、
世界遺産のナスカの地上絵にスタッフが近付いたとして、ガイド役の考古学者を告発する方針をペルーのアルバレス文化相が固めたことも明らかになった。
立ち入った女性ディレクターも告発される可能性があるという。

フジはこのまま失速してしまうのか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000003-tospoweb-ent

続きを読む
ブログランキング
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ニュース)へ
にほんブログ村
逆アクセスランキング
動画配信なら無料サンプルも豊富なMGS!
i2i
リンク集
アクセスランキング
  • ライブドアブログ